- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト伊勢

アストンマーティン・ヴァンキッシュ

三重県伊勢市からお越しのU様

【リボルト伊勢】の齊藤です。
アストンマーティン・ヴァンキッシュの施工事例をご紹介します。

【施工内容】
ガラスコーティング(リボルト・プロ)
ホイールコーティング
シートコーティング
窓ガラス撥水加工

 アストンマーティンのクルマと言えばおそらく誰もが想像するのが映画007でおなじみのボンドカー。しかし映画の中では何度も目にしているものの、実際に現車を「見た」ことがある人はかなり少ないのではないでしょうか。

 国産メーカーでも一部の車種、一部のグレードのエンジンなどの部品において職人の手作業による組立を謳ったものがありますが、アストンマーティンでは全車種、全台、すべての工程において「ハンドメイド」なのです。よって流通している絶対数が他メーカーに比べて圧倒的に少なく、このメーカーのすべてのクルマがとても貴重であるといえるのです。

11-dsc_6765.jpg

 中でも頭文字に「V(ブイ)」のつくモデルは特別な扱いだとされています。ヴァンテージ、ヴィラージュ、ヴァンキッシュ、ヴァルカン、そして今年登場すると言われているヴァルキリー。スーパーカーやハイパーカーと分類されるそれらのクルマは乗り物というカテゴリーには収まりきらない、貴金属やジュエリーを超えるほどの神秘的なオーラを漂わせています。今回お預かりさせていただいたのはそのアストンマーチンの中でも特別とされる「V(ブイ)」を冠するモデル、ヴァンキッシュです。

 ご予約をいただいてから実際の入庫までに、他店での作業内容確認(類似車種での注意点等確認)や板金塗装業者さんに塗装の特徴などあらかじめ確認しておきました。その結果、実際の施工時にはすべての工程において全く不安なく完了させることができるのです。しかしこれは今回に限ったことではなく、当店ではどのようなメーカーのクルマであっても常に行っている事なのです。毎年、毎月、新しいクルマが発表され、モデルチェンジしていく中、今まで学んだ知識や技術で果たして満足な対応ができるのでしょうか。日々新しい知識、技術を取り入れる努力が必要であると私は思っております。

 ただ一点、研磨工程において困ったことがありました。このヴァンキッシュ、ボディーパネルがすべてカーボンでできており、一般に利用されている膜厚計では塗装の膜厚を測定することが出来ないのです。超音波を使った厚さ計を用いて測定する方法もありますが、測定器の価格の面からディテイリング業界ではあまり一般的ではありません。

12-dsc_6756.jpg

 結局何を頼りにしたかと言うとやはり「職人の勘と経験」です...と言いたいところですが、実は知人の板金業者さんにヴァンキッシュの塗装に詳しい方がおり、その方に塗装の構造、特性、膜厚などを聞いてその情報をもとに研磨の量を決めました。「職人の勘と経験」も大事ですが、私個人的には「情報、データに裏付けされた技術」も重要であると思っております。

 外装には当店最上位コースである「リボルト・プロ」、さらに内装にはシートコーティングを施工させていただき、外も中もリボルトのオリジナルコーティングにより万全の体制となりました。

13-dsc_7026.jpg

 今後のお手入れにつきましては、お引渡しの際にお渡しさせていただきましたメンテナンスキットをご利用いただき、セオリー通りの洗車を行っていただきますと、今の美しい状態をより長くお楽しみいただけることと思います。

この度は当店にご用命いただき、誠にありがとうございました。

【リボルト伊勢】
〒516-0008 三重県伊勢市船江2丁目29-60
TEL 0596-21-3600 FAX 0596-21-3606
http://www.revolt-ise.com/
revolt@revolt-ise.com
営業時間 10:00-19:00(不定休)

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ

施工時期:
2019年6月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工シートコーティング